ペニス増大サプリを全部飲んで効果を検証しました

チンコを大きくする方法は他にもある!

増大サプリを飲むことで、自分でチンコを大きくすることができますが、他にもチンコを大きくする方法があります。それをご紹介します。

チンコ増大手術で確実に大きくできる

チンコをでかくする方法に「チンコ増大手術」があります。

文字通り、チンコを大きくするための手術です。手術なら100%確実にチンコを大きくすることができます。

包茎手術などを専門で行う「包茎クリニック」で受けられるのですが、具体的には、チンコの長くする方法とチンコを太くする方法の2種類があります。

チンコを長くする「長茎術」

チンコを長くするための手術を「長茎術」と言います。


引用:切らない長茎術でペニスを長く逞しく!!|エーツー美容外科

チンコはもともと体の中(下腹部)に埋まっている部分が多くあります。長茎術は、体の中に埋もれている部分を手術で引き出すことでチンコの長さを長くします。

長茎術の手術によって、個人差はありますが、3cm~8cmくらい長くなります。

包茎の男性の場合、長茎術の手術を受けることで包茎が治る場合もあります。

ただし、1回の手術費用が10万~30万ほどとかなり高額です。
また、チンコ付近を切って縫合する「手術」なので大掛かりになります。完全に違和感がなくなるまで、半年~1年ちかくかかることもあります。

チンコを太くする「ヒアルロン酸注入治療」

チンコを太くするための治療に「亀頭増大術」「陰茎増大術」というものがあります。

この2つは長茎術のような手術ではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンを亀頭や陰茎に注入させて大きくする治療方法です。

チンコに麻酔をかけたうえでヒアルロン酸を注入していくので、痛みを感じることなくあっという間に治療が終わります。注入した直後から亀頭や陰茎が太く逞しくなります。また、包茎が治るケースもあります。

ただし、ヒアルロン酸注入も1回の治療に10万円ほどかかります。また効果も1年~1年半ほどで、ヒアルロン酸やコラーゲンがなくなると、元の太さに戻ってしまいます。

チンコを矯正する「ペニス増大器具」

自分でチンコを大きくするための矯正器具「ペニス増大器具」というものがあります。

チンコを常に引っ張った状態にしておくための「引っ張り増大器具」と、チンコを膨張させた状態にしておくための「ポンプ式増大器具」です。

ネットでも購入できるものがあるのですが、当サイトでは紹介しません。

なぜなら、値段がそこそこする(2万円~4万円程度)うえに、まったくチンコが大きくならないからです。

しかも、常にチンコに装着する必要があるし、引っ張ったりポンプで吸引するため痛みを伴う場合もあります。それでもチンコが大きくなるならまだ我慢できるかもしれませんが、チンコが大きくならないのでは使うメリットがありません。

チンコを太くするトレーニング「チントレ」

チンコを太く大きくするためのトレーニングに「チントレ」というものがあります。

自分でできるトレーニングなのですが、それだけでチンコが大きくなるというよりも、増大サプリなどの効果をより一層引き出すための補助的なものです。

ただし、補助的なものとはいえ、チントレを実践するのとしないのでは、チンコ増大にちょっとの差がでてきます。チンコのサイズでは1cm、2cmのちょっとの差がめちゃくちゃ重要です。

僕も実践したチントレについては、以下のページでくわしくまとめてあります。ぜひ合わせて読んでみてください。

12次へ ≫
2 / 2 ページ